Building management & Energy management

壁に傷をつけないで照明を取り付ける方法

アバター
WRITER
 
IMG_0077 箪笥区民センター 和風照明
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

修理依頼

「共用通路の和風照明が焦げている」

常駐のビル現場で実際にあった修理依頼です。

そのときの修理方法をお伝えします。

 

不具合の状態

【それぞれ趣が違う区民センターの各フロア】

4F 受付・調理室・和室
3F 機械室
2F ホール
1F 区役所出張所
B1F セレモニーホール
B2F 防災センター(設備員待機室)

場所は4階和室前の、ちょっとした石庭になっている共用通路。

共用通路の壁にかかっている、行灯型の和風照明が焦げていました。

 

和風照明が焦げた原因

行灯内の台座ステーに碍子がいしの重みが加わり、沈み落ちていました。

そのため、“白熱球と外枠樹脂板アクリルばんが接近し焦げた”様子でした。

 

どのように修理をしたか

行灯を壁から取り外して、行灯内の台座ステーを曲げて角度を変えました。

曲げ加工をした結果、電球と外枠樹脂板アクリルばんとの距離がほどよく広がりました。

また、焦げた外枠樹脂板は新しいものと交換しました。

 

和風照明見取り図

和風照明見取り図

 

不具合状況

和風照明不具合状況

補修後復旧

和風照明補修後復旧

和風照明内部/開口部から見た写真

 

IMG_0071和風照明内部

 

家の壁に穴を開けたくないあなたへ

話が横道に逸れますが、お付き合いください。

物を壁掛けする際、壁に穴を開けなくてはなりません。

しかし、壁に穴を開けるのはどうしても気が引けます。

そんなときは『壁美人』をお使いください。

 

ビル管理の仕事を知る良い機会です

今回初めて『壁美人』を知った方もいるかと思います。

誰でも持っている『ホッチキス』で壁掛けができます。

もしよろしければ、行灯作りに挑戦してみませんか?

設備の仕事とは、どんなものなのかを知る良い機会です。

お時間があれば是非、行灯作りを試してみてください。

行灯作りに必要な物

『木』『外枠樹脂板』『白熱球』『碍子がいし』『ステー』『スイッチコード』『壁美人』
作り方は自由です。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 建物設備光熱研究所 , 2019 All Rights Reserved.