Building management & Energy management

ルーフドレン清掃

アバター
WRITER
 
IMG_0046 ルーフドレン
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

ルーフドレンって何?

ルーフドレンは、ベランダや屋上から雨水を逃がす排水口です。

排水口の入り口に目皿めざらという金具が設置されてあります。

目皿はマンションの通路端の側溝でも見かけます。

目皿と排水口をひっくるめてルーフドレンというふうにも言います。

また、枯葉などが侵入しないように配管の詰まりを防ぎます。

 

ルーフドレン管理は清掃員の管轄ではありません

ビル管理会社が受け持つ現場には、仕様書と呼ばれる契約書があります。

ルーフドレン清掃について、仕様書に以下の内容で記載されています。

【ビル管理設備員仕様書】

•ルーフドレンの保守管理は設備員が執り行うこと。
•月次の定例作業として、ルーフドレンの清掃を行うこと。

よって、月次の定例作業の中にルーフドレン清掃が含まれます。

清掃員ではなく、設備員がルーフドレンの清掃をしなければなりません。

 

一般ビルのルーフドレン清掃

ビル管理業界では、ルーフドレン清掃を陸屋根りくやね清掃とも言います。

ルーフドレン清掃というのは、屋根全体の清掃も含みます。

少人数現場の場合、掃除は二人一組、もしくは一人で行います。
(危険防止のために、人数は複数の方が良いです)

ほうき・ちりとり・ごみ袋などを持って仕様書で指定された箇所を掃除します。

一般的なビル現場でしたら、せいぜい一棟~三棟しかありません。

屋上の清掃など月1回の頻度で事足ります。

 

大学のルーフドレン清掃

ところが、落葉樹の多い大学の場合、敷地面積が広いところは大変です。

月1回の定例作業だけでは、とても屋上に溜まった枯葉を処理しきれません。

特に、規模の大きい大学の場合は、1号館~35号館くらいまで建物があります。

そういった大学では、1年のうち6か月間かけて、ルーフドレン清掃を行います。
(中間期と呼ばれる、春の3か月間(4・5・6月)と秋の3か月間(9・10・11月)に行います)

よって、中間期に入ると大人数でルーフドレン清掃をしなければなりません。

中間期ではルーフドレン清掃で人員が取られるため、設備の仕事がおろそかになります。

その場合、責任者とその代理が設備の仕事に回ります。

大学によっては、ルーフドレン清掃を、清掃業者が補助してくれるところもあります。

 

台風が来る前日はルーフドレン清掃をします

台風が到来すると、まずルーフドレンを警戒しなければなりません。

現場によっては、テナントから台風警戒令が前日に通達されます。

【通達書】

土嚢の準備及びルーフドレンの清掃を、前もってしておいてください。

よって、台風が来る前日までに目皿に溜まった枯葉や、ごみを取り除きます。

前もってルーフドレン清掃をしてトラブルを未然に防ぎます。

 

もしルーフドレンを清掃しなかったらどうなるのか?

私が設備員として消防署合同庁舎にいたころ、上司が体験した話です。

当時、上司が数か月間もの間、ルーフドレン清掃を怠りました。

ついには、漏水事故にまで発展し、職員から厳重に警告を受けました。

その話を、詳しくご説明します。

消防署合同庁舎は大きく分けて、消防署と消防博物館に分かれています。

消防博物館の展示フロアには、幕末以前の貴重な展示物や資料が陳列してあります。

さらに、展示フロアのウィンドウで仕切られた向こう側は、ルーフバルコニーです。

ルーフバルコニーは、フィルターの水洗い作業ができるほどの広さでした。

もう想像つくかとは思いますが、危険な事故が起こり得る条件が満たされていました。

 

まだ危険な目に遭われたことのないあなたへ

ある晩、台風が直撃しました。

その翌朝、ルーフバルコニー一面に雨水が床上20cmほど溜まっていました。

それだけの被害で終わったのでしたら、まだ良かったのです。

その後、最悪な事態にまで発展しました。

ルーフバルコニーに溜まった雨水が、ガラス扉の隙間から入り込みました。

雨水がゆっくりと浸水し、一晩かけて展示フロアの床面に広がりました。

大事な重要文化財が水に浸かるのは必至でした。

もし、そこで展示物や資料が水浸しになったら、大変な騒ぎどころではありません。

取り返しがつかないどころか、犯人探しが始まり、とことんまで責任追及されます。

 

みんなで力を合わせて復旧作業

朝、第一発見者の博物館職員が館内の異変に気付き、急いで排水作業をしました。

次々と出勤してきた人たちも状況を聞きつけて、それぞれが迅速に対応しました。

その日は、営業日だったことが幸いしました。

博物館職員、設備員、清掃員を含めて、みんなで力を合わせて排水作業ができました。

結果、展示フロアに浸水した雨水は、幸いにも展示物の高さまで至りませんでした。

また、電気系統の通電、絶縁も良好で事なきを得ました。

最終的に被害はゼロで、みんなホッと胸をなでおろしました。

 

この件の浸水事故は天災ではなく人災

皆さんのおかげで、“重要文化財を濡らす”という最悪な事態は免れました。

ですが、自然災害がもたらした浸水とはいえ不可抗力では済まされません。

そもそも、浸水の原因は設備管理員の怠慢によるものです。

月一回ルーフドレン清掃をしていれば、このような被害はありませんでした。

浸水の原因を調査をした結果、すべての排水口に山盛りの枯葉が乗っていました。

・・・

その翌日、例の上司は博物館職員から厳重注意を受けました。

上司はその後「何らかの処分が待っているのではないか」と不安に駆られていました。

ところが、現場に問題がなかったので責任追及まではされませんでした。

人望の厚さからでしょうか、幸いにも警告だけで済みました。

 

ルーフドレン清掃を怠ると雨漏りのケースも

建物屋上は漏水の被害を防ぐために、防水コーティング材が施されています。

例えば、ルーフドレン清掃を怠れば、排水口が枯葉で塞がれて、屋上一面に水が溜まります。

もしそこで、防水コーティング材が、経年劣化で剝がれ飛んでいたならば雨漏りは必至です。

コンクリートスラブから、下の階へと水が浸透して、天井から水がしたたり落ちます。

最悪、部屋中の資料や備品が濡れて使い物にならなくなります。

下手をしたら「屋上の掃除をしなかった」という理由で責任を問われます。

そういった事象から、建物と信用を守るためにも、ルーフドレン清掃は欠かせません。

あなたがビル管人生最悪の日を防ぐために。

 

『生活110番』をご存知ですか?

生活100番は約140種類に及ぶ、お困りごとにご対応する紹介サイトです。

生活110番は生活のトラブルを解決する専門業者をご紹介します。

全国3,000社の提携加盟店の中から、ご依頼にあった業者をご紹介します。

もし、ご自分で復旧が難しい場合は、無理をなさらず当社にご連絡ください。

 

『生活100番は』どんなトラブルにも対応するの?

緊急トラブルでは

『カギ開け』『水漏れ』『ガラス修理』などを、ご対応させていただいています。

他のトラブルでは

『リフォーム』『害獣・害虫駆除』まで、さまざまなお困りごとを解決いたします。

 

暮らしの中の「困った!」を解決します!

日本全国受付対応
24時間365日受付
サービス数140ジャンル

生活の中のトラブル解決は【生活110番】にお任せください!



生活110番は多くの生活トラブルに対応しています。

お客様のご依頼に合った専門業者を迅速にご紹介します。

ご安心の上ご利用いただけます。

日本全国、夜間でもご相談ができます

  • 生活トラブルの解決方法がわからない。
  • 専門業者を自分で探す時間がない。
  • お困りごとを誰に相談すればいいかわからない。

ご安心くださいませ。24時間365日コールセンターで受付対応を致します。

【生活110番運営会社:東証上場企業『シェアリングテクノロジー株式会社』】

✉メールでのお問い合わせ
  1. 下のボタンを押します。
  2. 次の画面の『メールでのお問い合わせ✉』ボタンを押します。
  3. お問い合わせフォームが表示されます。
☎お電話でのご相談
  1. 下のボタンを押します。
  2. 次の画面の『お電話はこちらから📞』ボタンを押します。
  3. 電話番号が表示されます。
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 建物設備光熱研究所 , 2019 All Rights Reserved.