Building management & Energy management

あの汚れはラットサイン

アバター
WRITER
 
ラットサイン
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

お部屋の変なところにある汚れって何?

あなたのご自宅の天井やはり部分に、黒いシミがありませんか?

もし黒いシミを見つけたら、それはラットサインかもしれません。

ねずみは活動にあたって、さまざまな証拠を残します。

糞・尿・臭い・毛・足跡・かじり跡などです。

このような、ねずみが移動経路に残す汚れ跡をラットサインといいます。

 

ねずみのラブサイン (⋈◍>◡<◍)。✧♡

ねずみは多くの場合、同じ場所を通ります。

身体を壁面やパイプなどに、こすりつけながら歩きます。

それにより、身体の脂で移動経路が汚れます。

これをラブサインといいます。(rub:こする)

証跡調査法で種類・行動範囲を判断できます。

 

🐭 クマネズミの生態

都心の大型ビルでは、クマネズミが優占種です。

クマネズミは運動能力に優れています。

パイプや電線を伝ったり、壁を上り屋内に侵入します。

天井や梁などの高い場所にまで生息します。

警戒心が強くて毒餌をなかなか食べません。

よって、駆除が困難です。

 

🐀 ドブネズミの生態

ドブネズミは平面的な活動をします。

地下室や厨房などの低層階に多く生息します。

ビル周辺の植え込みに穴を掘って巣作りをします。

泳ぎが得意で、排水溝が侵入場所です。

水洗便所から侵入することもあります。

獰猛であるが警戒心が弱いため、駆除がしやすいです。

 

ねずみの駆除は環境対策ありき

ねずみの駆除は環境対策主体で行います

  • 餌を断つ(食べ物・残滓ざんし管理)
  • 通路を遮断する
  • 巣を作らせない

厨房にある食材の管理、残飯の処理が重要です。

環境対策を怠って薬剤に頼った駆除は、効果が上がりません。

 

防鼠ぼうそ対策をする

防鼠対策1

排水溝・下水管・換気扇などは、ねずみが侵入するおそれのある場所です。

これらの開口部には、格子や網を設置します。

その際、網目は1cm以下にします。

防鼠対策2

ねずみに巣を作らせないようにします。

巣の材料となりやすい布・新聞紙・ビニール袋などは処分します。

断捨離を行なうことも重要です。

 

器具による捕獲を優先にする

用意する物

生け捕りかご・圧殺式のトラップ・粘着シートなどを多めに設置します。

その際、トラップに餌を付けて数日間はトラップが作動しないようにします。

ねずみが慣れるまでのあいだ、捕獲効果を上げるための辛抱をします。

やってはいけないこと

ねずみに殺鼠剤を乱用すると抵抗性を得ます。

それにより、耐性の強いねずみが増えます。

ですから、薬剤による駆除は見送った方がよいでしょう。

参考資料

『ビル管理士試験模範解答集 2019年度版/日本教育訓練センター』

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 建物設備光熱研究所 , 2019 All Rights Reserved.