Building management & Energy management

ビル管理に必要な資格|危険物乙種第四類

はじめて乙四を受験するあなたへ

危険物の資格は第一類から第六類まで区分されています。

その中でもビル管業界で使われる資格が危険物乙種第四類です。

受験資格

ありません。

申し込み方法

•インターネットでの申し込み。
•各自治体の消防署から受験願書を入手して、郵送で申し込み。

乙四試験日の回数

前期(4月~9月)・後期(10月~3月)で分かれています。

日程と日数は各県ごとによって違います。

試験日の回数は他の資格に比べてたくさんあります。

【試験科目・試験時間】(出典/一般財団法人 消防試験研究センター)

       試験科目  出題数(正解率60%以上合格)       試験時間
     危険物に関する法令  15問(9問以上合格)    合計35問を2時間で解答
  基礎的な物理学及び基礎的な科学  10問(6問以上合格)
危険物の性質並びに
その火災予防及び消化の方法
  10問(6問以上合格)

試験対策

テキストと問題集を使って繰り返し勉強してください。

📚テキスト『チャレンジライセンス新訂番
📚問題集『乙種4類 危険物取扱者試験

アプリで通勤時間を有効に使う

重たい問題集を開けない通勤電車の中で重宝します。

📱乙4試験対策アプリ『危険物取扱者乙種第4類者問題集 Free

免許の印象や特徴

不合格の心配なんて笑い飛ばせます。

乙四はたくさんある危険物の資格の中で、いちばん難しいと言われています。

しかし、難しいとはいえ、しっかり勉強すれば独学合格はできます。

乙四は試験日の回数が多いので、何度もチャレンジして人生を棒に振るということはありません。
(他の資格は年に1回だけというのもあります)

ですから「一生懸命勉強して数打てば当たる」といった感覚で臨んでもいいかと思います。

 

乙四所持者が活躍できる職場

『ガソリンスタンド』
『タンクローリー運転手』
『官公庁舎建物』
『上下水処理場』
『ごみ焼却場』
『薬品メーカー』
『給食センター』
『病院』
『学校』
『各種プラント』
『各種工場』
『各種ボイラー関連のお仕事』

※乙四免許はボイラー免許とワンセットで相乗効果を発揮します。

Copyright© 建物設備光熱研究所 , 2020 All Rights Reserved.