Building management & Energy management

漏水検知帯の発見方法

アバター
WRITER
 
パッケージエアコン下部漏水検知帯
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】



漏水警報発報

中央監視PCより漏水警報発報。

常駐のビル現場で実際にあった不具合です。

そのときの対処方法を簡単にお伝えします。

現場の状況

PCの警報は『パッケージエアコン漏水』表示でした。

漏水の場所は地下の変電室です。

しかし、実際に室内を調査をしたところ、どこにも水漏れの形跡がありません。
(パッケージエアコン内部ドレンパンの詰まりもありませんでした)

 

雨水を疑う

その日は大雨が降っていました。

壁や床のひび割れから雨水の侵入が推測されます。

そこでどうしたらいいか?

 

漏水検知帯を探す

パッケージエアコン    パネルリフター(サッカー)

床のパネルを引っ張り上げます。

そのとき、やたらとたくさん引っ張り上げてはいけません。

パッケージエアコンの前だけ、数枚引っ張り上げてください。

パネルを引っ張り上げたら、床下に漏水検知帯があります。

パネルを引っ張り上げるには、リフターという専用の道具を使います。使い方は簡単です。

 

床下のコンクリートスラブより漏水

漏水検知帯2.  漏水検知帯3.

パッケージエアコン下部躯体コンクリートより漏水を発見。

漏水検知帯が濡れて警報発報されたのが判明。

漏水箇所にウエスを置いて初期対応としました。

大抵どこの現場でも、パッケージエアコンの前の床下に漏水検知帯があります。



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 建物設備光熱研究所 , 2020 All Rights Reserved.