Building management & Energy management

高置水槽減水警報【リレー不良編】

アバター
WRITER
 
高置水槽の電極棒アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

【リレー不良編】

『高置水槽減水警報』を2回に分けてお届けします。

【電極棒の汚れ編】と【リレー不良編】です。

このページは【リレー不良編】でお届けします。

 

高置水槽減水警報発報

高置水槽減水警報が発報されました。

常駐のビル現場で実際にあった警報です。

そのときの対処方法をお伝えします。

 

現場調査及び緊急対応

機械室制御盤の警報ランプを確認→『高置水槽水位低が点灯中』
揚水ポンプのセレクトスイッチを自交から手動にして、汲み上げ動作テストを実施。
NO.1NO.2揚水ポンプ、共に手動運転は良好。
ところが、動作中にスイッチを自動交互に戻すとポンプが止まる。又は、ポンプが動作不良を起こす。
ここで、制御盤内の揚水ポンプ自動交互リレーに不具合があると判断。
そこで、普段あまり使われない自動交互リレーを制御盤内から探す。
雨水槽Bの自動交互リレーが恒久的に使われないものと判断し、揚水ポンプの不良リレーと仮交換。
仮交換後、揚水ポンプ自動運転で汲み上げ動作テストを実施。
自動運転良好およびNO1.NO2ポンプ自動交互確認で仮復旧。
自動交互リレーを注文し、後日、新品と交換。
自動運転良好およびNO1.NO2ポンプ自動交互確認。
仮交換した雨水槽Bの自動交互リレーを元に戻し復旧。

 

不具合の原因をお伝えします

不具合の原因は制御盤内、自動交互リレーの経年劣化です。

自動交互リレーの内部ローターが破損していました。

尚、受水槽の水位は常用水位で問題ありませんでした。

 

どうして自動交互リレーの経年劣化が原因と分かったのか?

高置水槽が減水にもかかわらず、揚水ポンプが自動で起動していません。

そこで、揚水ポンプのスイッチングテストを行います。

  1. 高置水槽減水警報が発報→現場調査に向かいます。
  2. 盤のスイッチを手元にして揚水ポンプを運転します。
  3. ポンプ動作中にスイッチを手元から自交に戻します。

自交に戻したタイミングで、ポンプが停止したり動作不良を起こせば、リレー不良が疑われます。

 

交換した自動交互リレー

オムロンG4Q-212S AC200/220×1個注文

 

『高置水槽水位低』警報で疑うべき箇所

  • 揚水ポンプ制御盤内の自動交互リレー不良。
  • 揚水ポンプのインペラー(羽根車)に穴が開いた。
  • 高置水槽内の電極棒の汚れ、もしくはボールタップ不良。

これら三点、ないしは四点を疑います。

 

受水槽から高置水槽への給水ラインと電極棒の仕組み

高置水槽の電極棒

 

長さの違いで水位を検知する電極棒【高置水槽】

電極棒とは、長さの違いで区分して水位を検知する金属棒です。

満水・停止・起動・減水・アース(コモン)で構成されています。

電極棒は、高置水槽と受水槽で作りが違いますので注意してください。

電極棒の解説は、このページでは【高置水槽】のみとさせていただきます。

高置水槽で電極が5本のタイプを解説

満水

水位がこれを上回ると満水警報が発報します。下回ると満水警報は解除されます。
もし、水位が満水になった場合はオーバーフロー管から水が逃げる仕組みです。

停止

ポンプが起動中にこの水位を上回ると停止します。

起動

この水位を下回ると受水槽(下流)の揚水ポンプが起動し水槽に給水されます。
因みに、高置水槽は常に水を供給されたい(溜めたい)態勢でいます。

減水

水位がこれを下回ると減水警報が発報します。よって、不具合の疑いがあります。
自動給水のポイントは、水位が復帰を下回ってからです。給水電磁弁が開きます。

アース(コモン)

アースは端子にジャンパー線をつないで警報を解除するために使われます。
受水槽内の清掃および、電極棒の清掃などで作業をする場合に利用します。

常用水位はどこ?

満水と停止の間が常用水位です。

参考資料
『給水ポンプに使用される電極(水位検出)/web contents 株式会社アクア』

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 建物設備光熱研究所 , 2019 All Rights Reserved.