Building management & Energy management

洗面台下の排水管に亀裂が

アバター
WRITER
 
洗面台の排水管に亀裂
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

修理依頼

「洗面台の下から水が漏れるので直してほしい」

常駐のビル現場で実際にあった修理依頼です。

そのときの修理方法をお伝えします。

不具合の状態

洗面台下の排水管に亀裂が入っていました。

不具合の原因

経年劣化による腐食でした。(築25年)

排水管の亀裂をレクター・ハイテープで仮補修

IMG_0033排水管の亀裂を仮補修

レクター・ハイテープを巻いて仮補修しました。

レクター・ハイテープは配管専用の補修テープです。
(濡らして巻くタイプもあります)

ホームセンターやネット通販でご購入できます。

 

後日、排水管を新しいものと交換

IMG_0036新しい排水管 INAX43-06

新しい排水管を注文しました。【INAX 43-06(32mm排水パイプ)’99年製¥2600】

IMG_0038新しい配管を加工

新しい排水管を、古い排水管のサイズに合わせて加工しました。(パイプカッターを使用)

IMG_0040新しい排水管をつなぐ

古い排水管を取り外して、新しい排水管と交換しました。

IMG_0041新しい排水管を設置・復旧

復旧しました。排水テスト良好です。

 

今回使用した工具『パイプカッター』とは

IMG_0090チューブカッター

パイプカッター

ステンレス製のパイプを簡単にねじ切ります。

ホームセンターやネット通販でご購入できます。

 

『パイプカッター』の使い方動画

パイプカッターの使い方/haruhito yamamoto(尺:1分42秒)

 

水漏れ対応で無理をしたくないあなたへ

ご自分で無理をなさらずに、こちらの業者にお任せください。

水道修理サービスの“水道救急センター”です。

水漏れやトイレのつまりなどで、お困りのときはお呼びください。

24時間365日いつでも受付・最短30分ですぐに駆けつけます。

出張料金やお見積り料金も一切不要です。

水道局指定工事店として、34万件以上の実績を積みました。

お客様からも高い信頼を得ています。

水回りで困った時は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

水道救急センターに、ご連絡する際の注意点

ご依頼前の注意点

✔東北圏:宮城・山形・福島
✔関東圏:東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城
✔関西圏:大阪・兵庫

お住まいが上記の地域に該当しますか?

水道救急センターでは、上記地域のみでの出張対応とさせていただいています。

お手数ですが、下のボタンを押して、出張対応エリアのご確認をしてください。

 

出張対応エリア一覧を確認するには

下のボタンを押します。
ページ真ん中より、やや下までスクロールします。
『対応エリア一覧』の項目が見れます。

水漏れ・トイレのつまり・給排水の修理は【水道救急センター】

水回りのトラブルにお悩みの方は、水道救急センターにおまかせ!



水道救急センターが選ばれる4つの強み

  1. 水のトラブルを業界最速で解決
  2. 安全・安心な料金体制
  3. 誠心誠意の対応
  4. トラブルの再発防止までサポート

水道センターの3つのお約束

  1. お客様のことを第一に考えて行動いたします。
  2. お客様のご承認なしに、費用が発生することはありません。
  3. 即日対応・日時指定にも対応します。
✉お問い合わせフォーム
  1. 下のボタンを押します。
  2. 次の画面のメニューバー『無料見積もり・お問合わせ』を押します。
  3. お問い合わせフォームが表示されます。
☎お電話でのご相談
  1. 下のボタンを押します。
  2. 次の画面の文字『今すぐ電話で相談する』を押します。
  3. 電話番号が表示されます。

参考資料
『YouTube:パイプカッターの使い方/haruhito yamamoto』

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1970.9/25 東京都出身。 30代のときに異業種から環境プラントへ転職。そこで設備のノウハウを体得した後、40代でビル設備管理業界に入る。その間、数多くの現場を渡り歩きメンテナンス経験を積む。すべて実践で学んだ知識だけを初心者に伝えている。【所有資格:一級ボイラー技士・危険物乙四・第三種冷凍機械責任者・第二種電気工事士】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 建物設備光熱研究所 , 2019 All Rights Reserved.